• ハワイ不動産知識

<最新>ハワイ現地の状況と取り組み

デイビッド・イゲ州知事は、オアフ島での感染拡大を受け新たな規制を発表しました。
「自主隔離免除?」「リゾートバブル構想?」等、気になるハワイ最新情報をお届けします。

 

ホノルル市長より新たな規制を発令(2020年8月19日)

一度は感染者数0まで抑え込んだハワイですが、この度、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、ホノルル市長は、オアフ島内で新たな規制となる“Act Now Honolulu-No Social Gatherings Order”を発令しました。下記が発表された規制の内容となります。

• 室内・屋外での集会は28日間禁止とする
• 5人以上で集まることを禁止とする
• オープンエアを含む全てのショッピングモールでのマスク着用を必須とする
• 宗教上の集まりは常時マスク着用し、歌、管楽器などの演奏は禁止とする
• レストランの利用は1グループ最大5人までとする
• アウトドアでのアトラクション、遊船および商船の利用は最大5人までとする
• ビジネス関連、オフィス関連の集会を禁止とする
• テレコミュニケーションを有効的に活用して在宅での勤務を推奨する
• 美術館や映画館の利用は1グループ最大5人までとする
• バー、ビーチ、公園、トレイルの利用は引き続き禁止とする

上記規制では集会ごと、特に”5人”以上を禁止とする具体的な数字を掲げる内容となっており、8月20日(木)深夜12時より開始されているとのことです。

 

 

自主隔離が免除となる「事前検査プログラム」の行方は・・・?

ハワイ州外からの旅行者を対象としていた、旅行前に検査プログラムを受け、陰性である証明を持って入域、その際に証明があれば入域後の14日間の自主隔離はなく行動できるという、COVID-19事前検査プログラムは、多くの人から注目を集めていた。

しかし、この度の感染拡大を受け、イゲ州知事は記者会見(2020年8月19日)で、当プログラムの開始を10月1日木曜日に延期し、また、ハワイ州外からの来島者への14日間の自己隔離を8月31日から9月30日まで延期することを発表しました。この延長はいつまで続くのでしょうか。

 

「リゾートバブル構想」

日本では、Go to Travelキャンペーンが実施されているように、ハワイでは州外からの訪問者を受け入れる新案として「リゾートバブル」を導入検討されているとのことです。

ハワイ州到着者に対し、到着後の14日間の自主隔離期間に、特定のホテルやリゾートの敷地内での滞在を許可するというもので、訪問者はハワイ到着後に空港から対象ホテルに直行。滞在中は追跡バンドなどを装着し、滞在している敷地内から外出した場合には検知される仕組みなどが検討されており、旅行者を受け入れたいという想いは伝わります。。

しかし、これらの案はいつ実施されるのか、果たして実施出来るのか、なかなか現実的なものとならない、もどかしさが募ります。まだまだコロナウイルスとの長い闘いは続きそうです。

このような時期ではございますが引き続き、どうぞ宜しくお願いいたします。

  • アメリカ不動産投資セミナー開催中
  • ハワイ不動産購入マニュアル 無料ダウンロード

お電話でのご予約

0800-800-1051

10:00〜18:00
土日定休

無料資料請求

PAGE
TOP